<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 金平糖 緑寿庵清水 | main | 愛別離苦 >>
「バラの詩人」
ピエール ドゥ ロンサール Pierre de Ronsard

一度では上手く言うことできなさそうな名前ですが、
これバラの名前です。

クライミングローズと呼ばれる所謂ツルバラ系。

「バラの詩人」と呼ばれたフランスの詩人
ピエール ドゥ ロンサールの名前が付けられている通り
まさに詩的な美しさを持っている薔薇です。

最近、多くのバラを見る機会があり
色々な種類のバラを見てきましたが
どうやら自分の今一番好みに合いそうなのが
このピエール君のようです。

青いバラ、ブルーヘブンも勿論好きですが
どうも彼は覇気がない。青白い病弱な顔しているようです。
(当たり前か。。。)

それに比べてこのピエール君は元気ハツラツ!
上戸彩もにっこり。
 
(2枚とも、京成バラ園にて撮影)

バラは咲き始めが美しく、咲き終わりが汚いタイプありますが
このピエール君は長い期間それなりに楽しめそうです。

花びらもたっぷり40から50枚はあるでしょうか
立派です、とても。是非、我が家へお越しあれ!と
熱いエール送っています。

まず、ピエール君を迎える前に
しっかり「土」から作らないといけません。

バラは土が命。

深く掘って牛ふんたっぷり敷き詰めて
根っこが元気に伸びてくれるように
そしてツルが上手く伸びてくれるように
準備が整い次第お招きしたいと思ってます。
スポンサーサイト
ピエールさん実に美しいですね。
私は最近薔薇の名前に興味を持って色々と調べています。
調べれば調べるほど奥が深いのが薔薇の名前です。

詩人ピエール・ドゥ・ロンサールという名前は聞いたことがあるのですが
彼の作品については知りません。
「バラの詩人」の作品について調べてみなければいけないなと思いました。

実物の薔薇を見る機会に恵まれないので、
こうして美しい画像を見せていただくのを本当にうれしく思います。
千露 | 2005/06/01 23:10
@千露さん
こんにちは。
コメントありがとうございます。

バラの画家「ルドゥーテ」さんの名前が
ついたバラもありました。
「ロートレック」なんて名前もあって
思わず苗木を買って帰ろうかと思いました。

また、別の機会にもう一種紹介します。

でも、バラに手を出したら
底なし沼のようで大変そうですね。。。きっと。
Tak管理人 | 2005/06/02 08:04
COMMENT









Trackback URL
http://vermeer.jugem.cc/trackback/364
TRACKBACK