<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< あしかがフラワーパーク | main | 京急青の電車展覧会 >>
群馬県立つつじが岡公園
昨日の、あしかがフラワーパークに引き続き
過去のGW旅行&花ネタ第二弾です。
(単にネタが無いとの噂もあり汗

去年だったか、一昨年だったか定かではないのですが
GW中に無謀にも「群馬県立つつじが岡公園」へ行きました。
(書き出しも昨日と一緒・・・汗

ここの見ものは、公園の名前にもなっている「つつじ」
「なーーんだ、躑躅ならうちの庭にも咲いているよ」
とお思いの方、ちょっとお待ちあれ。

ここ群馬県館林市の誇るツツジは、なんと
推定樹齢800年を超える巨樹
一説によれば匂当(こうとう)の内侍遺愛(ないしいあい)のツツジとも伝えられる巨樹で、樹形もよく、その大きさには目を見張ります。品種はヤマツツジで、花色は紅色です。樹高は5m、葉張りは長径11m、根元の幹囲は4mあります。幹は32本に分かれ、一番太いものは地上15cmの高さで幹周が30cmあります。
 花期にはこの一株で燃えるような壮観を呈し、観光客を驚かせています。
人の背よりも高いツツジ。。。
そんなものは自宅の庭にはありません。

圧巻です。まさに。



ツツジのトンネルも随所にあり、
普段垣根で見慣れているツツジと同じものとは
到底想像できない花々が咲き誇っています。

あまりの大きさに自分が小さくなってしまった。
またはツツジが巨大化してしまったのかと
錯覚を起こすくらいです。

他にも「宇宙つつじ」なる相容れないような名前の花もあります。
これには館林市出身の向井千秋さんが関係しています。
館林市出身の宇宙飛行士向井千秋さんの乗ったスペースシャトル「コロンビア」が、日本時間の平成6年7月9日、米国のケネディ宇宙センターから打ち上げられました。この時、搭載された市の花ヤマツツジなどが、大きな夢を秘めて、順調に生育しています。
この公園の歴史は古く
室町時代までさかのぼることができるそうです。

館林市は現在の皇后陛下美智子妃殿下のゆかりの町でもあります。
皇居吹上御所の前庭ではここから送られた躑躅が毎年見事な花を
咲かせていることでしょう。

ここの公園は県立なので「つつじまつり」が行われている現在でも
たった500円で入園すること出来るのも魅力の一つです。

写真はこちら
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://vermeer.jugem.cc/trackback/334
TRACKBACK
つつじが岡公園です 現在の所このくらい咲いてます ゴールデンウィークはかなり混みますけど 公園の満開のつつじは圧巻です 市内の方も近隣の方も遠方の方も 是非取材(笑)に来てブログに写真をアップしてください 記事できたらここへトラックバックしてくださるとうれ..
館林のつつじ | 館林ファンblog | 2005/05/04 23:51