<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< オージョ | main | モネの積みわら >>
はい、cheese.
今夜は念願の「モンドール」を食べられる(^^♪



フェルミエで一昨日購入グッド
(以下チーズの説明文はフェルミエのサイトからの引用です)

写真右上
ミモレット
オランダの「エダムチーズ」と同じ製法。7世紀のフランスで外国製品の輸入が禁止された際に、輸入出来なくなったオランダチーズを国内で作ったのが始まりです。名前は、フランス語の「ミ・モレ mi-mollet」(半分柔らかい)から。からすみの様な風味と、鮮やかなオレンジ色(アナトーというベニの木の実から採取された橙色の食品用染料)が目をひきます。熟成ごとに、ジュンヌ(若い・熟成3ヶ月)、ヴィエィユ(古い・熟成12ヶ月)、エクストラ ヴィエィユ(熟成18〜24ヶ月)の3タイプがあります。若いものはソフトで軽い味わいで、長期熟成したものは外皮がゴツゴツして固くなりますが、コクが出て上品な芳香となり日本酒等にも合います。

写真左上
モンドール AOC 
スイスとの国境近くジュラ山脈にあるモンドール(黄金の山)一帯で作られるモンドール。元々コンテを作っていた農家が、コンテを作れない秋冬に作ったのが始まりなので、生産期間は8月15日〜3月15日までと限られています。中身が柔らかい為、周りをモミの木の一種「エピセア」の樹皮で巻いています。このエピセアの香りがチーズに移り、心地よく漂います。クリーミィで奥深い味わいが楽しめます。

写真左下
プティ ブリ ポワブル
ピリッとした黒胡椒を全体にまぶしてある白カビチーズ。周りについた胡椒が刺激的ですが、中はマイルドなブリチーズで、ビールに良くあいます。

写真右下
アッパッシータ
昔は水牛の乳で作られていましたが、現在では牛乳製が主流です。凝乳を引き伸ばして作るパスタ・フィラータというタイプで、自然な甘味があり、淡泊な味わい。ひょうたん形の首の部分に紐をかけて吊して熟成します。麦わらをいぶして香り付けた燻製タイプもあります。そのまま食べる他、串に刺して焼いて食べます。

これ以外に
パルミジャーノ レッジャーノ
10世紀以前に既に名前を知られていたイタリアチーズの王様として君臨するチーズ。1玉を作るために約500リットルものミルクが必要で、前日夕方と翌朝に搾乳されたミルクを合わせて作られ最低12ヶ月の熟成期間を要します。
名称は北イタリアのパルマとレッジョ・ネッレミーリアの二つの県名が合体したもの。パルマの人は「パルミジャーノ」と呼び、レッジョ・ネッレミーリア」の人は「レジャーノ」と呼んでいます。けれど、生産者達を守り、管理し、販売促進活動をしているパルミジャーノ・レッジャーノ協会はひとつです。また、この協会に属しながらも、赤牛(ヴァッケ・ロッセ)協会、あるいはオーガニック(ビオロジコ)協会等独自に活動するグループもあります。
長期熟成で出来たアミノ酸の結晶がじゃりじゃりと旨みを出し、専用ナイフで小さく砕いた塊をかみしめながらワインと頂く味は最高に美味しく、また現地ではごく薄く下ろしたものにバルサミコ酢をかけて食べます。そして粉末にしたものは各種料理に広く使われています。

他クリームチーズも用意。

今夜は我が家でチーズパーティー家

でも、七草粥の日にチーズはどうかという意見もちらほら。。。
スポンサーサイト
うわ〜っ、やりましたね。
本日とうとう解禁ですか。モンドール。羨ましい♪
お邪魔したいよなぁ…。

ところで、ワインは何を選びますか。

う〜〜〜ん。七草粥の日に、揚げギョーザとカキフライを
食べている我が家よりずっといいぞ♪
シルフ | 2005/01/08 01:00
@シルフさん
コメントありがとうございます。
こういう風に人が集まる時でないと
食べられないと思いまして。。。

普段チーズ食べなれていない人にも大好評でした。
思ったよりミモレットが人気薄。

ワインは以前頂戴したタイユバンのものが
あったのでそれ2本お出ししました。

カキフライ大好きです!
この前日カキフライでした。
ただ、かみさんが嫌いなんです。。。
Tak管理人 | 2005/01/08 14:44
写真のモンドールが最初に目に入って、いいなぁ〜と思ったら、さすが、すでにシルフさんとの話題で盛り上がってますね。解禁日だったとは知りませんでした。
プティ・ブリ・ポワブルはおっしゃるとおりビールとの相性、いいですよね。酵母入りのベルギービールみたいなコクのあるのがぴったりです。ミモレットは、なぜかケニアに入ってましてよく食べてました。私の中ではワインとのセットではなくて乾いたパンとパパイヤとのセットという一風変わった取り合わせがお気に入りだったりします。でも、日本ではまだ食べてないです・・・。

アッパッシータは存じませんでした。串に刺して焼いて食べる・・・想像しただけでよだれが・・・!!

ところで、

> カキフライ大好きです!
> この前日カキフライでした。
> ただ、かみさんが嫌いなんです。。。

この部分、全く我が家のようです。
桂田 | 2005/01/08 20:12
@桂田さん
コメントありがとうございます。

アッパッシータはいやみの全くない味で
燻製燻製しています。もしかしてチーズが
好きな方には物足りないかもしれません。
ミモレット私は好きなのですが、参加者には
イマイチ不人気。どうしてでしょう?

でも、心配していたモンドールが
大変好評でもてなした甲斐がありました。
多分、熟成がまだ進んでいなくて
あまりにおいがきつくなかったのが
功を奏したのかもしれません。

牡蠣フライ。
揚げたものをお店で自分用に買ってくる我が家です。
Tak管理人 | 2005/01/11 17:43
COMMENT









Trackback URL
http://vermeer.jugem.cc/trackback/214
TRACKBACK
今年から『第2火曜日』をお休みにしたのだが 別にぐーたらしたいわけではないのである。 昨日は、第7回目となる「ワイン&チーズの勉強会」だった。 年末に別のメンバーで開催したMONT D'OR(モン・ドール)の あの感動を再び・・・ということなのだ。  前回
モン・ドール第2弾! | Bar:Colon(バー:コロン)日記 | 2005/01/12 19:17
 渋谷は東急フードショウにて、前にTakさんに教えていただいたはちみつ専門店のL'abeille(ラ・ベイユ)に行ってきました。  ブルーチーズとはちみつの相性の良さに開眼して以来ずっと欲しくてしょうがなかったもので、今回買ったのはそのものずばり「ORANGE(
はちみつ専門店 L'abeille | Megurigami Nikki | 2005/12/11 22:17